失業保険と扶養は、大きく関与しており、失業保険の影響で扶養に入ることができない場合があります。 では、どのような時に扶養に入ることができないのでしょうか? 扶養に入りながら失業保険を受給するには、年間収入が130万円以下というのが条件です。 つまり、年間収入が130万円以上の場合は、扶養に入ることができません。 失業保険の日額でいうと、日額3612円以上給付している人は扶養に入ることができませんが、それ以下の日額の人なら扶養に入ることができます。 このように、失業保険でもらえる金額によって、扶養に入ることができない場合があるので、注意してください。 但し、給付制限期間中は収入がなけれね判断されるため、扶養に入ることが出来ます。 ですので、給付制限期間中のみ扶養に入って、失業保険受給中は扶養から外れるのがお得です。 多少手続きが面倒かもしれませんが、扶養に入ったり、外れたりすることで、無駄なお金をかけずに済みますー